世界史における日本

G・Bサンソム【著】 ; 大窪 愿二【訳】

1951

岩波書店

1950年12月東京大学で行つた連続公開講義を改訂して発行したものの翻訳で、翻訳者においてこれを序説―1つの示唆―日本史と西欧的世界、歴史としての芸術、日本史と西欧民主主義の伝統、日本の将来にふれての5章に分ち、附録として日本の致命的失策―太平洋戦争の批判―と日本の精神状況―1950年末の印象の2篇を収め、さらに著者についての紹介がある。

三六判158頁

日本語 / Japanese

第二章[日本歴史]2-1.通載

2 Japanese History 2-1. General