9784902854626

地理的日本史読本―神話時代から近代まで、軍略から治水まで―

吉田 東伍【著】

2009

書肆心水

高天原と大八洲、神武東征、太古の産業状態、四道将軍、農村と市、氏姓と地名、日本武尊と東国、三韓と我が国土、韓国服属後の瀬戸内、上代都市の制と奈良の京、国分寺、奈良朝における地方経済、平安朝における仏徒の道路改修事業、三関と京都、遣唐使、都市仏教と山岳仏教、純友・将門の乱、延喜の地方政治と国家経済、武門の興起、延久の帝政、院政と鳥羽離宮、為朝と義経の末路、源平の海戦、鎌倉市街の制、守護地頭、承久戦後の土地経営、宋・高麗との交通、弘安の役、宴曲に見ゆる地理上の逸話、時頼廻国説、宗教の革新、鎌倉の軍備的価値、建武の新制令、足利尊氏の戦略、南北朝以前寺社の勢力、室町幕府の明貿易、足利時代の交通制度、戦国の新田制、足利学校と金沢文庫、戦国時代における経済上の中心地、貿易港の変遷、乱世の東国、町の発達、安土城、天正検地、朝鮮役と陶業、封建の形勢、三都の形勢、朱印船の盛況、幕府と五街道、坂東の水脈、江戸時代の治水法、河村瑞賢と海運業、江戸幕府と地方自治制度、長崎における清蘭貿易、吉宗と世禄給士の法、徳川時代の行商、幕府衰亡と諸藩の治績、北海道の開拓、交通革命、世界における日本の地位。

A5314頁

日本語 / Japanese

第二部[日本歴史]2-1.通載

2 Japanese History 2-1. General

  • 第三部 [日本経済史] 3-1. 通載
  • 3 Japanese Economic History 3-1. General