荒説日本史 上巻

中村 直勝【著】

1975

主婦の友社

美へのあこがれ―上代。荒説とは、国史の出発点(その1)―日本語について考える、同(その2)―日本の国家が生れるまで、同(その3)―日本の位置を考える、同(その4)―中国に学んだもの、大化改新―独立国「日本」のはじめ、国史の編纂―唐に対応し唐に学ぶ、天平文化探索―仏法の光と影を考える、平安の時代―王朝文化の表と裏と。

B6判452頁

日本語 / Japanese

第二部[日本歴史]2-1.通載

2 Japanese History 2-1. General