04410874

北大史学

The Journal of Historical Association of Hokkaido University

北大史学会

Historical Association of Hokkaido University

2019

59

戦中期「満洲国」における北海道庁出身官吏と北海道出身酪農家―松野伝・安田泰次郎・出納陽一を中心として―

The government officials after holding the posts at the Hokkaido Agency and the dairyman from Hokkaido in Manchukuo during war time: The focus of Tutoh MATSUNO, Taijiro YASUDA, Yoichi SUITO

井上 将文

INOUE, Masafumi

はじめに、松野伝・安田泰次郎・出納陽一の営農構想(松野伝の営農構想―馬産奨励と北海道模範農家の招聘―、安田泰次郎及び出納陽一の営農構想―乳牛導入による移住の達成―)、満洲国の移民行政における松野伝・安田泰次郎・出納陽一(日中戦争期における開拓農業実験場の経営、太平洋戦争期における満洲国の移民行政の停滞、おわりに。

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-10.農業・治水

3 Japanese Economic History 3-10. Agriculture & Flood Control

  • 第二部 [日本歴史] 2-16. 列伝
  • 第四部 [東洋経済史] 4-3. 原始産業・土地制度
  • 2 Japanese History 2-16. Series of Biographies
  • 4 Oriental & African Economic History 4-3. Primary Sector of Industry & Land System