9784862654502

18世紀以降近江農村における死亡動向および暮らし・病気・対処法―過去帳分析、村落社会調査による― 調査資料・論文集(調査地: 滋賀県野洲市三上・妙光寺・北桜・南桜)

大柴 弘子【著】

OSHIBA, Hiroko

2015

鳥影社

CHOEISHA

序、調査地地図、はじめに、付記(過去帳記載もれと訂正)、近世後期近江農村の生活構造と月別出生数、19世紀以降近江農村の母性健康障害、18世紀以降の近江農村にみる死亡の動向、Child bearing and maternal mortality: A case study of a Japanese village,1700-1960、過去帳死亡者の母集団人口と社会背景―18世紀以降近江三上地域における社会調査から―、過去帳にみる三上地区の死亡動向(1696-1975)―夏期ピーク消失および死亡数減少の時期と地理的環境―、過去帳に見る近江三上地域の死亡動向および死亡構造・死因の考察(1696-1975)、現代医学以前の近江農村社会における病気と対処法―医療・人類学の視点から―、衛生統計からみた近江野洲郡三上地域―死亡、出産、出生、死産、乳児死亡―、資料、結び、おわりに。

B5366頁

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-5.人口

3 Japanese Economic History 3-5. Population

  • 第三部 [日本経済史] 3-3. 地方経済史
  • 第三部 [日本経済史] 3-22. 社会
  • 3 Japanese Economic History 3-3. Regional Economy
  • 3 Japanese Economic History 3-22. Community, Family & Gender