02880180

立命館経済学

The Ritsumeikan Economic Review

立命館大学経済学会

The Ritsumaikan University Economic Society

2016

64(6)

満蒙開拓団と現地住民―日本人移民入植地における「民族協和」の位相―

Japanese Peasant Emigrants to Manchuria and Local Residents: The Phase of "Ethnic Harmony" at Japanese Immigrant Settlements

細谷 亨

HOSOYA, Toru

はじめに、協和会運動と日本人移民(日本人移民入植地における協和会運動の背景、協和会分会活動の内実)、開拓政策の展開と「民族協和」(「満洲開拓政策基本要綱」と協和会運動、戦時増産態勢下の開拓団)、日本人移民の現地住民観(開拓団における「民族協和」、変容する移民の意識)、おわりに。

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-27.民族・開拓

3 Japanese Economic History 3-27. Nation, Immigration & Emigration

  • 第三部 [日本経済史] 3-5. 人口
  • 第四部 [東洋経済史] 4-2. 人口・集落・移植民
  • 3 Japanese Economic History 3-5. Population
  • 4 Oriental & African Economic History 4-2. Population, City, Village & Migration