9784623076291

近世西南海村の家族と地域性―歴史人口学から近代のはじまりを問う― (MINERVA人文・社会科学叢書 208)

中島 満大【著】

NAKAJIMA, Mitsuhiro

2016

ミネルヴァ書房

日本の地域的多様性とその変容―近代のはじまりを問う視角としての地域性―、野母村と歴史人口学―「日本」を三つに分けさせた村落―、人口変動と村落社会―近代移行期と人口学的離陸―、野母村における出生の実像―高出生=西南日本型の更新―、海村の死亡秩序―野母村の死亡と板子一枚下の地獄―、「プロセスとしての結婚」の地域性―野母村における結婚・離婚・再婚―、継承の地域性と海村の継承―末子による継承と西南日本型―、徳川社会における婚外子のライフコース―婚外子に対する寛容と周縁化―、地域性の収斂と標準化された「日本」―複線的近代化とその後の野母―、あとがき、参考文献。

A5249頁、索引5頁

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-5.人口

3 Japanese Economic History 3-5. Population

  • 第三部 [日本経済史] 3-4. 村落・都市
  • 第三部 [日本経済史] 3-22. 社会
  • 3 Japanese Economic History 3-4. Village & City
  • 3 Japanese Economic History 3-22. Community, Family & Gender