日本古代籍帳の研究

岸 俊男【著】

1973

塙書房

日本における戸の源流、十二支と古代人名、造籍と大化改新詔、戸籍記載の女子年齢に関する疑問、籍帳にみえる残疾・廃疾・篤疾、いわゆる陸奥国戸籍の残簡、右京計帳手実について、但波吉備麻呂の計帳手実をめぐって、古代村落制度の問題、古代村落と郷里制、律令制の社会機構、家・戸・保、東大寺領越前庄園の復原と口分田耕営の実態、班田図と条里制、山代忌寸真作と蚊屋忌寸秋庭、倉印管見、古記と雑徭、賃租二題を収める。

A5判449頁

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-5.人口

3 Japanese Economic History 3-5. Population