9784339018011

電子情報通信と産業 (電子情報通信レクチャーシリーズ)

Industrial Aspects of Electronics, Information and Communication

西村 吉雄【著】 ; 電子情報通信学会【編】

2014

コロナ社

本書の構成と執筆方針、〔20世紀前半まで〕電気通信とメディアの形成、真空管からトランジスタへ 、プログラム内臓方式コンピュータの誕生、〔半導体のたどった道〕個別トランジスタから集積回路へ、マイクロプロセッサの誕生、半導体メモリの成長と日本半導体産業の盛衰、半導体産業における設計と製造の分業、〔情報処理と通信の融合〕汎用コンピュータの進展とモジュール化、対話型コンピュータからパソコンへ、ネットワーク外部性とモバイルコンピューティング、半導体とプログラム制御が他産業を電子化、通信のディジタル化と自由化、インターネットへ、〔インターネットをインフラとする産業と社会〕設計と製造の分業―EMSの発展―、ウェブ2.0―ご乱心の殿より衆愚がまし―、メディアルネサンス、インターネット時代の研究開発モデル、〔第2次世界大戦後の日本に固有の問題〕日本のコンピュータ産業、民生用電子機器の興亡、1985年以後、日本の電子情報通信産業はなぜ衰退したのか。

A5267頁

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-15.交通・通信

3 Japanese Economic History 3-15. Transportation & Communication

  • 第二部 [日本歴史] 2-11. 科学・技術史
  • 第三部 [日本経済史] 3-12. 工業
  • 2 Japanese History 2-11. Science & Technology
  • 3 Japanese Economic History 3-12. Industry