03869369

史林

The Shirin ; The Journal of History

史学研究会

The Shigaku Kenkyukai ; The Society of Historical Research, Kyoto University

2013

96(1)

発掘調査より知られる貞観11年(869)陸奥国巨大地震・津波の被害とその復興

A Study on the Damage and Recovery from the Great Mutsu Earthquake and Tsunami of the Eleventh Year of the Jogan Era (869), Based on an Analysis of Archaeological Excavations

柳澤 和明

YANAGISAWA, Kazuaki

はじめに、『日本三代実録』より知られる貞観11年(869)陸奥国巨大地震・津波、貞観地震当時の仙台平野の遺跡分布と多賀城周辺の地形環境、多賀城跡城内の発掘調査より知られる貞観地震の被害・復興状況、多賀城跡城外の発掘調査より知られる貞観地震の被害・復興状況、発掘調査より知られる多賀城廃寺跡の被害・復興状況、発掘調査より知られる陸奥国分寺跡・国分尼寺の被害・復興状況、おわりに。

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-25.災異・食糧問題

3 Japanese Economic History 3-25. Disaster & Famine

  • 第二部 [日本歴史] 2-2. 古代史
  • 2 Japanese History 2-2. Ancient