9784642058018

日本酒の近現代史―酒造地の誕生

鈴木 芳行【著】

2015

吉川弘文館

いつから“日本酒”というようになったのか?―プロローグ―、〔日本酒造地の誕生〕現在の酒造業、江戸時代の日本酒づくり、江戸幕府の酒造政策と酒造家たち、寒造りの完成と灘の酒、杜氏の出稼ぎと寒造りの普及、〔近代の日本酒造地〕明治初期の酒造業、西日本に偏在する有力な酒造地、〔酒税と科学的な日本酒づくり〕酒税と税収―戦費調達と日露戦争―、酒造の新技術と醸造試験所、腐造問題の終焉と杜氏従業員、〔戦時下の日本酒造業〕関東大震災と下り酒の消滅、酒類販売業の免許制度と公定価格の始まり、酒質課税への転換、日本酒の統制、〔現代の日本酒事情―酒造地の変動〕現代の酒税収入、四季醸造と機械化、日本酒づくりの自由化時代、”日本酒で乾杯”―エピローグ―。

B6232頁

日本語 / Japanese

第三部[日本経済史]3-12.工業

3 Japanese Economic History 3-12. Industry

  • 第二部 [日本歴史] 2-11. 科学・技術史
  • 2 Japanese History 2-11. Science & Technology