9784130603171

狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生―

Global Environmental History of Hunter-Gatherers: Living with Nature, Neighbors, and Civilization

池谷 和信【編】

IKEYA, Kazunobu

2017

東京大学出版会

University of Tokyo Press

狩猟採集民からみた地球環境史(池谷和信)、〔先史狩猟採集民の定住化と自然資源利用〕東南アジア・オセアニア海域に進出した漁撈採集民と海洋適応(小野林太郎)、気候変動と定住化・農耕化―西アジア・日本列島・中米―(那須浩郎)、西アジア先史時代における定住狩猟採集民社会(三宅裕)、古代アンデス狩猟採集民の農耕民化―神殿,交易ネットワークの形成―(鶴見英成)、附論1 ボルネオの狩猟採集民の祖先は「狩猟採集民」か「農耕民」か(小泉都)、〔農耕民との共生,農耕民・家畜飼養民への変化〕狩猟採集と焼畑の生態学(佐藤廉也)、東南アジア島嶼部における狩猟採集民と農耕民との関係(金沢謙太郎)、コンゴ盆地におけるピグミーと隣人の関係史―農耕民との共存の起源と流動性―(大石高典)、熱帯高地アンデスにおける狩猟民から家畜飼養民への道―アルパカ毛の利用に着目して―(稲村哲也)、附論2 南の海の狩猟民と隣人―インドネシア・ラマレラのクジラ猟―(関野吉晴)、附論3 狩猟採集から複合生業へ―タンザニアのサンダウェ社会における農耕と家畜飼養の展開―(八塚春名)、〔王国・帝国・植民地と狩猟採集民〕北東アジア経済圏における狩猟採集民と長距離交易(手塚薫)、統治される森の民―マレー半島におけるオラン・アスリと隣人との関係史―(信田敏宏)、南西アフリカ(ナミビア)北中部のサンの定住化・キリスト教化(高田明)、附論4 植民地時代のピグミー(松浦直毅)、〔近代化と狩猟採集民〕狩猟採集民の定住化と人口動態―半島マレーシアのネグリトにおける事例分析―(小谷真吾)、国立公園の普及と中部アフリカの狩猟採集民(服部志帆)、アマゾンの森林開発のもとでの現代的な民族間関係(大橋麻里子)、森のキャンプ・定住村・町をまたぐ狩猟採集民―ボルネオ,シハンの現代的遊動性―(加藤裕美)、附論5 狩猟採集民・農耕民・文明人における病気と病(山本太郎)、地球の先住者から学ぶこと(池谷和信)、あとがき、執筆者紹介。

A5307頁

日本語 / Japanese

第四部[東洋経済史]4-1.通載

4 Oriental & African Economic History 4-1. General

  • 第四部 [東洋経済史] 4-2. 人口・集落・移植民
  • 第四部 [東洋経済史] 4-3. 原始産業・土地制度
  • 4 Oriental & African Economic History 4-2. Population, City, Village & Migration
  • 4 Oriental & African Economic History 4-3. Primary Sector of Industry & Land System