02880180

立命館経済学

The Ritsumeikan Economic Review

立命館大学経済学会

The Ritsumaikan University Economic Society

2017

66(3)

華北農村における土地改革の実施単位について―行政村単位の実施状況の再検討(1946~1949年)―

About the Unit of Land Reform in Rural North China: A Review for the Implementation of Land Redistribution with the Administrative Village as the Unit (1946-1949)

中井 明

NAKAI, Akira

はじめに(本稿の視点、研究対象,対象時期,対象地域、資料)、行政村単位は適切だったのか(自然村,行政村の用語について、行政村単位は適切ではなかったとする意見、行政村単位は適切だったとする意見)、行政村単位の土地改革の困難とその原因(村落エゴイズム、自然村間の移民の困難、退役軍人を村に送り込む手法,復員田の転用、度量衡や土地の評価、村と村の連合闘争の実施程度、村と村の連合闘争の困難,械闘)、行政村単位の土地改革の困難に対する対応(自然村間の土地移譲,移民の抑制、自然村単位の採用)、おわりに。

日本語 / Japanese

第四部[東洋経済史]4-3.原始産業・土地制度

4 Oriental & African Economic History 4-3. Primary Sector of Industry & Land System

  • 第四部 [東洋経済史] 4-2. 人口・集落・移植民
  • 第四部 [東洋経済史] 4-10. 社会組織・社会問題
  • 4 Oriental & African Economic History 4-2. Population, City, Village & Migration
  • 4 Oriental & African Economic History 4-10. Social Problem, Movement & Organization