4130251104

日本史講座 第10巻 戦後日本論

Studies in Japanese History 10: Japanese Society in the Aftermath of World War Ⅱ

歴史学研究会, 日本史研究会【編】

The Historical Science Society of Japan / The Japanese Society for Historical Studies 

2005

東京大学出版会

University of Tokyo Press

戦後国民統合の変容と象徴天皇制(渡辺治)、東京裁判と戦争責任(赤澤史朗)、東アジア冷戦構造のなかの日本(進藤榮一)、戦後改革と戦後市民社会(三宅明正)、〈占領〉の精神史(安田常雄)、世界のなかの戦後日本家族(落合恵美子)、現代資本主義と高度成長(浅井良夫)、農村と地域の変貌(加瀬和俊)、55年体制と社会運動(アンドルー・ゴードン)、沖縄戦「後」ということ(冨山一郎)、情報化と社会的結合(中西新太郎)。

B6349頁

日本語 / Japanese

第二部[日本歴史]2-1.通載

2 Japanese History 2-1. General

  • 第二部 [日本歴史] 2-5. 近現代史
  • 2 Japanese History 2-5. Modern & Contemporary